GeodesicDilation

GeodesicDilation[marker, mask]
mask によって制約された marker の測地的な膨張処理の固定点を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • GeodesicDilationはバイナリ画像,グレースケールの画像,その他の画像に使うことができる.
  • GeodesicDilationは2Dと3Dの画像および任意階数のデータ配列に使うことができる.
  • GeodesicDilation[marker, mask]は事実上 marker から始め,次に,mask でマスクし,結果が変化しなくなるまで繰り返し marker を膨張させる.記号データについては,測値的な膨張処理は1回しか行われない.
  • GeodesicDilation[marker, mask, n]は膨張プロセスを最大 n 回繰り返す.
  • GeodesicDilationは事実上膨張処理による形態学的な再建を行う.
  • GeodesicDilationはデフォルトで指定の画素の周囲の画素すべてを隣接画素として扱う.各画素は,2Dでは8つの隣接画素を,3Dでは26の隣接画素を持つ.
  • オプション設定CornerNeighbors->Falseとすると,座標軸方向の画素のみが隣接するものとして扱われる.この場合の隣接画素は,2Dの場合は4画素で3Dの場合は6画素である.
  • 複数の画像チャンネルが存在する場合,GeodesicDilationはそれぞれを別々に操作する.
  • GeodesicDilationは画像の外側の画素に想定すべき値を指定するPaddingオプションを取る.
  • デフォルト設定のPadding->Noneは画像の端にあるより小さい近傍を考慮する.
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »