GradientFilter

GradientFilter[image, r]
image の勾配の大きさに対応する画像を,画素半径 r のガウシアン(Gaussian)の離散導関数を使って計算して与える.

GradientFilter[image, {r, }]
標準偏差が のガウシアンを用いる.

GradientFilter[image, {{r1, r2}, ...}]
垂直方向と水平方向に半径 等のガウシアンを用いる.

GradientFilter[data, ...]
データの配列に勾配フィルタを掛ける.

詳細とオプション詳細とオプション

  • GradientFilterは任意のグレースケールおよび多チャンネルの画像に使うことができる.
  • GradientFilterは3Dおよび2D画像,また任意階数のデータ配列に使うことができる.
  • 1チャンネル画像とデータについては,勾配の大きさは画素の位置における勾配 のユークリッドノルムであり,各次元でガウシアンの離散導関数を使って近似されている.
  • 多チャンネル画像については,ヤコビ行列 と定義する.この場合, はチャンネル の勾配である.勾配の大きさは, の最大固有値の平方根である.
  • GradientFilter[image, ...]は常に1チャンネル画像を返す.
  • GradientFilter[image, r]GradientFilter[image, {r, r/2}]に等しい.
  • 指定可能なオプション:
  • Method"Bessel"たたみ込みカーネル
    Padding"Fixed"充填方法
    WorkingPrecisionAutomatic使用精度
    "NonMaxSuppression"False非最大抑制を使うかどうか
  • GradientFilter[image, ...]はデフォルトで image と同じ次元の画像を返す.
  • Padding->Noneの設定では,GradientFilter[image, ...]は一般に image より小さい画像を返す.
  • GradientFilter[data, ...]では,data は任意の階数の配列でよく,数値の項と同様に記号の項も含むことができる.
  • Methodの可能な設定値:
  • "Bessel"標準化されたベッセル導関数カーネル,Cannyエッジ検出に使われる
    "Gaussian"標準化されたガウス導関数カーネル,Cannyエッジ検出に使われる
    "ShenCastan"指数関数の一次導関数
    "Sobel"Sobelエッジ検出カーネルの二項一般化
    {kernel1,kernel2,...}各次元で指定された明示的なカーネル

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

多チャンネル画像の勾配フィルタ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グレースケール画像の勾配フィルタを調整する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

勾配フィルタを数のベクトルに適用する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »