Graphics3D

Graphics3D[primitives, options]
3Dのグラフィックス画像を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Graphics3DStandardFormではグラフィックス画像として描画される.InputFormでは明示的なプリミティブのリストとして表示される.
  • 以下のグラフィックスプリミティブを使用することができる.
  • Arrow[{pt1,pt2}]矢印
    BezierCurve[{pt1,pt2,...}]ベジエ(Bézier)曲線
    BSplineCurve[{pt1,pt2,...}]Bスプライン曲線
    BSplineSurface[array]Bスプライン曲面
    Cone[{{x1,y1,z1},{x2,y2,z2}},r]円錐
    Cuboid[{xmin,ymin,zmin},...]立方体
    Cylinder[{{x1,x2,x3},...},...]円柱
    GraphicsComplex[pts,prims]グラフィックスオブジェクトの複合体
    GraphicsGroup[{g1,g2,...}]グループとして扱われるオブジェクト
    Line[{{x1,y1,z1},...}]
    Point[{x,y,z}]
    Polygon[{{x1,y1,z1},...}]多角形
    Raster3D[array]灰色またはカラーのセルの立方体配列
    Sphere[{x,y,z},...]
    Text[expr,{x,y,z}]テキスト
    Tube[{{x1,y1,z1},{x2,y2,z2},...}]
  • 使用可能なグラフィックス指示子:
  • AbsoluteDashing[{w1,...}]絶対的な破線の指定
    AbsolutePointSize[d]絶対的な点の大きさの指定
    AbsoluteThickness[w]絶対的な線の太さの指定
    Arrowheads[spec]鏃指定
    CMYKColor[c,m,y,k]色指定
    CapForm[type]管と線のキャップ指定
    Dashing[{w1,...}]破線の指定
    Directive[g1,g2,...]複合グラフィックス指示子
    EdgeForm[spec]多角形の辺の指定
    FaceForm[spec]多角形の面の指定
    Glow[c]色の光沢指定
    GrayLevel[i]グレーレベルの指定
    Hue[h]色調の指定
    JoinForm[type]管と線の接続指定
    Opacity[a]不透明度指定
    PointSize[d]点の大きさの指定
    RGBColor[r,g,b]色指定
    Specularity[s]表面の鏡面性の指定
    Texture[obj]テクスチャ指定
    Thickness[w]線の太さの指定
  • 任意のレベルで使えるラッパー:
  • Annotation[obj,label]注釈を与える
    Button[obj,action]obj がボタンとして動くようにする
    Dynamic[obj]動的にアップデートされた現在値を使用
    EventHandler[obj,...]イベントハンドラを付加
    Hyperlink[obj,URI]obj をハイパーリンクにする
    Mouseover[obj,over]マウスオーバーの形式を指定
    PopupWindow[obj,cont]ポップアップウィンドウを付加
    StatusArea[obj,label]ステータスエリアにラベルが現れるように指定
    Style[obj,opts]スタイルを指定
    Tooltip[obj,label]ツールチップを付加
  • 指定可能なオプション:
  • AlignmentPointCenter整列の基準となるグラフィックス内のデフォルトの点
    AspectRatioAutomatic縦横比
    AxesFalse座標軸を描くか描かないか
    AxesEdgeAutomatic座標軸をいずれの辺に置くか
    AxesLabelNone座標軸のラベル
    AxesOriginAutomatic座標軸がどこで交差するか
    AxesStyle{}座標軸のスタイルを指定するグラフィックス指示子
    BackgroundNoneプロットの背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインとの揃え方
    BaseStyle{}グラフィックスのベーススタイル指定
    BoxedTrue境界ボックスを描くか描かないか
    BoxRatiosAutomatic三次元の境界ボックスの比
    BoxStyle{}ボックスのスタイル指定
    ContentSelectableAutomaticコンテンツの選択を許容するかどうか
    ControllerLinkingAutomaticいつ外部回転コントローラに接続するか
    ControllerMethodAutomatic外部コントローラをどのように操作するか
    ControllerPathAutomaticどの外部コントローラを使ってみるか
    DisplayFunction$DisplayFunction出力を生成する関数
    Epilog{}主となるプロットの後に描く2Dグラフィックスプリミティブ
    FaceGridsNone境界ボックスの格子線
    FaceGridsStyle{}表面格子のスタイル指定
    FormatTypeTraditionalFormテキストのデフォルトの書式
    ImageMargins0.グラフィックスの周囲の余白
    ImagePaddingAllラベル等にどの程度余分な充填を許すか
    ImageSizeAutomatic描画するグラフィックスの絶対的サイズ
    LabelStyle{}ラベルのスタイル指定
    LightingAutomatic使用する擬似照明の光源
    MethodAutomatic使用する3Dグラフィックスメソッドの詳細
    PlotLabelNoneプロット用ラベル
    PlotRangeAll含める値の範囲
    PlotRangePaddingAutomatic値の範囲をどの程度充填するか
    PlotRegionAutomatic塗り潰す最終的な表示領域
    PreserveImageOptionsAutomatic同じ画像を新たに描画する際に画像のもとのオプションを保存するかどうか
    Prolog{}主なプロットに先駆けて描かれる2Dグラフィックスプリミティブ
    RotationAction"Fit"インタラクティブな回転の後でどのように描画するか
    SphericalRegionFalse最終的な表示領域に外接球をフィットさせるかどうか
    TicksAutomatic目盛の指定
    TicksStyle{}目盛マークのスタイル指定
    TouchscreenAutoZoomFalse
  • タッチスクリーン上でアクティベートされた場合にフルスクリーンにズームするかどうか
  • ViewAngleAutomatic表示フィールドの角度
    ViewCenterAutomatic表示領域の中心に置く点
    ViewMatrixAutomatic明示的な変換行列
    ViewPoint{1.3,-2.4,2.}視点
    ViewRangeAll含むべき視距離の範囲
    ViewVectorAutomatic擬似カメラの位置と方向
    ViewVertical{0,0,1}垂直にする方向
  • グラフィックスコンストラクトのネストしたリストを与えることができる.GrayLevelのような指示子指定は,これらを含むリストが終るまでだけ効果を保つ.
  • Style[obj, opts]を使って,オプションあるいは指示子 optsobj に適用することができる.
  • ノートブックフロントエンドでは,ViewPointViewVerticalViewCenterViewAngleは直接インタラクティブな操作で変更できる.
  • マウスをドラッグして3Dグラフィックスを回転させることができる.
  • RGBColorのような指示子で後続するオブジェクトの表面色を指定する.最終的な色はGlowSpecularityの要素も含め,擬似照明によって決まる.
  • デフォルトで,境界ボックスの外の特別の固定された位置に設置された4色の異なる光源が使われる.
  • デフォルトで,ViewAngleは可能であれば2Dの表示領域を埋めるように,3Dオブジェクト全体を投影する.
  • BaseStyleの設定値は一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.BoxStyleLabelStyle等の設定値は等のデフォルトスタイルに加えられる.
  • Methodオプションを通して与えられる設定値にはがある. »
  • Graphics3D[]は空の3Dグラフィックスを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

線,多角形,円柱,球等を使って3Dのグラフィックスシーンを構築する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

プロット関数を使って異なるタイプのデータから自動的に3Dグラフィックス(Graphics3D)を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

組込みの多面体データを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »