GrayLevel

GrayLevel[level]
グラフィックス指示子であり,後に続くオブジェクトが表示される際のグレーレベルの強度を指定する.

GrayLevel[g, a]
不透明度 a を指定する.

詳細詳細

  • このグレーレベルは,からの範囲の数で指定される. »
  • レベルは黒を表し,レベルは白を表す.
  • ネイティブのグレーレベルをサポートしていない表示装置では,通常ディザーパターンが使用される.
  • 3D表面に関しては,明示的なGrayLevel指示子で表面の色を定義する.最終的な陰影付けは照明に依存する.
  • GrayLevel[g, a]において,a は不透明度を指定するのに使われる「アルファチャンネル」である.
  • GrayLevel[g, a]{GrayLevel[g], Opacity[a]}に等しい. »
  • 不透明度が指定されていなければ,GrayLevel[g]GrayLevel[g, 1]に等しい.
  • Style[expr, GrayLevel[...]]は,expr が指定のグレーレベルで表示されるように指定する. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

グラフィックスプリミティブのグレーレベルを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グレーレベルを不透明度とともに指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

式の出力のグレーレベルを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

プロットのグレーレベルを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »