Grid

Grid[{{expr11, expr12, ...}, {expr21, expr22, ...}, ...}]
を二次元格子に並べてフォーマットするオブジェクトである.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ノートブックでは,Ctrl+, で列を,Ctrl+Enterで行を追加することで,2Dのレイアウトで式が入力できる.デフォルトでは,このレイアウトを評価するとネストしたリストになる.Grid[layout]を使うとレイアウトを保存したGridを作ることができる.
  • Tabを使ってGrid中の次のプレースホルダに移動することができる.Ctrl+SpaceGrid外へ移動することができる.
  • Grid[...]ではStandardFormTraditionalFormにおけるように格子がフォーマットされる.
  • InputFormでは,Grid[...]はそのままGrid[...]としてフォーマットする.
  • First[grid]は格子を構成しているリストのリストを抽出する.
  • は任意の式(グラフィックスおよびコントロールを含む)でよい.
  • Gridの要素へのテキスト入力は文字列で行える.Text["string"]またはStyle["string", "style"]で特定のスタイルを指定することができる.
  • Grid[{list1, list2, ...}]中の すべてが同じ長さである必要はない.短い行の最後には空白スペースが置かれる.
  • 例えばGrid[{{e, SpanFromLeft, SpanFromLeft}, ...}]を使って要素が格子上の複数の位置を結合するように指定することができる.
  • 次は,特定の位置を結合する指定である.
  • SpanFromLeft左から結合する
    SpanFromAbove上から結合する
    SpanFromBoth左と上の両方から結合する
  • 配列の長方形の部分を{{e, SpanFromLeft, SpanFromLeft, ...}, {SpanFromAbove, SpanFromBoth, SpanFromBoth, ...}, ...}にすることで,特定の要素を複数行と複数列の両方に結合することができる.
  • ノートブックでは,「要素の結合」メニュー項目で,格子中の選択した要素を結合して単一の結合要素にすることができる.
  • 次のオプションを使うことができる.
  • Alignment{Center,Baseline}項目の水平方向と垂直方向の整列
    AllowedDimensionsAutomatic行数と列数についての制限
    AutoDeleteFalse要素がひとつだけ残った場合に格子の構造をなくしてしまうかどうか
    BackgroundNone使用する背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインと何を揃えるか
    BaseStyle{}格子のベーススタイル指定
    DefaultElement""空の項目にどのような要素を挿入するか
    DividersNone格子中のどこに区切り線を引くか
    FrameNone格子のどこに枠を描くか
    FrameStyleAutomatic枠線のスタイル
    ItemSizeAutomatic各項目の高さと幅
    ItemStyleNone行と列のスタイル
    SpacingsAutomatic水平間隔と垂直間隔
  • Frameの一般的な設定値には次のようなものがある.
  • None枠は描かない
    True格子全体の周囲に枠を描く
    All格子内の各項目の周囲に枠を描く
    Center内側の枠だけを描く
    {All, False}すべての水平位置に枠を描く(列線)
    {False, All}すべての垂直位置に枠を描く(行線)
  • オプションAlignmentBackgroundFrameItemSizeItemStyleの設定は,異なる要素に別々に適用するように,次のように与えることができる.
  • specすべての要素に spec を適用する
    {specx}連続する水平位置に を適用する
    {specx,specy}連続する水平位置および垂直位置に を適用する
    {specx,specy,rules}個々の 要素への明示的な規則の適用を許す
  • の取り得る形:
  • {s1,s2,...,sn}まず から までを使い,次いでデフォルトを使う
    {{c}}すべての場合に c を使う
    {{c1,c2}}を交互に使う
    {{c1,c2,...}}すべての を循環させる
    {s,{c}}まず s を使い,続いて c を繰り返し使う
    {s1,{c},sn}まず を使い,続いて c を繰り返し使うが,最後には を使う
    {s1,s2,...,{c1, c2, ... }, sm, ... , sn}
    まず の最初の連続を使い,続いて を循環的に使い, それから の最後の連続を使う
    {s1,s2,...,{},sm,...,sn}最初に の最初の連続を使い,最後の連続を最後に使う
    {i1->v1,i2->v2,...}位置 で何を使うかを指定する
    {spec,rules}rules を使って specの指定を無効にする
  • という形の設定では,格子中の項目数以上の が指定されている場合は,始まりの方の は始まりの方の項目に使われ,終りの方の は終りの方の項目に使われる.
  • AlignmentBackgroundFrameのような設定は,Itemを使って,実質的に格子中の個々の項目について指定することができる.
  • デフォルト設定のItemSize->Automaticでは,Gridは必要があれば要素を複数行に分割する.
  • Gridは,明示的なImageSize設定がしてあるグラフィックスその他のオブジェクトのサイズを変更することはない.
  • 特定の方向に n 個の要素を持つ格子の場合,DividersSpacingsで,最初の要素の前から最後の要素の後ろまでの n+1個の要素と要素の間の部分の設定をすることができる.
  • DividersSpacingsの設定には次のような形式が使える.
  • spec要素と要素の間のすべての部分に spec を適用する
    {specx,specy}連続する水平方向と垂直方向の間の部分に , を適用する
  • は,AlignmentBackground,その他の項目指向のオプションと同じ形を取ることができる.
  • BaselinePositionには次の設定値を使うことができる.
  • Axis格子中の中央行の軸
    Baseline格子中の中央行のベースライン
    Bottom格子全体の一番下
    Center上と下の中間
    Top格子全体の一番上
    {{i,j},pos}要素 中の位置 pos
    pos->refposref と並ぶようにするベースラインオフセット
  • BaselinePositionはデフォルトでCenter->Axisであるとみなされる.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
バージョン 6 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »