HazardFunction

HazardFunction[dist, x]
x で評価された記号分布 dist のハザード関数を返す.

HazardFunction[dist, {x1, x2, ...}]
で評価された記号分布 dist の多変量ハザード関数を返す.

HazardFunction[dist]
ハザード関数を純関数として返す.

詳細詳細

  • HazardFunctionは死力としても知られている.
  • 連続分布の場合,HazardFunction[dist, x] dx は,観測値が無限小 dx について x より大きいことを前提として,それが x から までの間になる確率を返す.
  • 連続分布の場合,HazardFunction[dist, x] dx は無限小 dx についてProbability[x<x+dxConditionedx, Distributeddist]に等しい. »
  • 離散分布の場合,HazardFunction[dist, x]Probability[=xConditionedx, Distributeddist]に等しい.
  • 多変量連続分布の場合,HazardFunction[dist, {x1, ..., xn}]dx1 dxnProbability[x11<x1+dx1xnn<xn+dxnConditioned1≥x1n≥xn, {1, ..., n}Distributeddist]に等しい.
  • 多変量離散分布の場合,HazardFunction[dist, {x1, ..., xn}]Probability[1=x1 n=xnConditioned1x1nxn, {1, ..., n}Distributeddist]に等しい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

一変量連続分布のハザード関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

一変量離分布のハザード関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

多変量連続分布のハザード関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

多変量離散分布のハザード関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »