HighlightGraph

HighlightGraph[g, {a1, a2, ...}]
g の頂点,辺,あるいは部分グラフである をハイライトする.

HighlightGraph[g, {..., wj[aj], ...}]
記号ラッパー を使ってハイライトする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 使用可能なラッパー:
  • Annotation[a,label]注釈を与える
    Button[a,action]要素がクリックされたときに実行するアクションを定義する
    EventHandler[a,...]要素の一般的なイベントハンドラを定義する
    Hyperlink[a,uri]要素がハイパーリンクとして機能するようにする
    Labeled[a,...]要素にラベルを付けて表示する
    PopupWindow[a,cont]要素にポップアップウィンドウを加える
    Property[a,name->value]要素の特性を設定する
    StatusArea[a,label]要素の上にマウスが来たときにステータスエリアに表示する
    Style[a,opts]要素を指定したスタイルで示す
    Tooltip[a,label]要素に任意のツールチップを加える
  • HighlightGraphGraphと同じオプションを取る.
  • 頂点および辺のスタイルおよびその他の指定はハイライトされた要素 に適用されるとみなされる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

頂点1,2,3をハイライトする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

をハイライトする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

頂点1,2,3と辺をハイライトする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

最短経路で定義される部分グラフをハイライトする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »