Histogram

Histogram[{x1, x2, ...}]
のヒストグラムをプロットする.

Histogram[{x1, x2, ...}, bspec]
ビンの幅指定 bspec でヒストグラムをプロットする.

Histogram[{x1, x2, ...}, bspec, hspec]
ビンの高さが指定 hspec に従って計算されたヒストグラムをプロットする.

Histogram[{data1, data2, ...}, ...]
複数のデータ集合 にヒストグラムをプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Histogram[data]は,デフォルトで,ヒストグラムを仮定される値 のもとになっている滑らかな分布を近似するために選ばれた等しいビン幅でプロットする.
  • 使用可能なビン幅指定 bspec
  • nn 個のビンを使う
    {dx}幅が dx のビンを使う
    {xmin,xmax,dx} から までの幅 dx のビンを使う
    {{b1,b2,...}}ビンを使う
    Automaticビン幅を自動的に決定する
    "name"名前付きのビンメソッドを使う
    {"Log",bspec}ビン bspec を対数変換されたデータに適用する
    fb明示的なビン指定を得るために fb を適用する
  • ビン指定 はもとのビンメソッドAutomaticを使うものと解釈される.
  • 使用可能な名前付きビンメソッド:
  • "Sturges"データの長さに基づいたビンの数を計算する
    "Scott"平均二乗誤差を漸近的に最小化する
    "FreedmanDiaconis"四分位範囲をサンプルサイズの立方根で割ったものの2倍
    "Knuth"区分一様モデルの平衡尤度と事前確率
    "Wand"Wandの方法を1レベル再帰的に近似
  • Histogram[data, fb]の関数 fb はすべての のリストに適用され,明示的なビンリストを返す.
  • Histogram[data, bspec, hspec]でのビンの高さ指定 hspec を変えることで,異なる形式のヒストグラムを得ることができる.使用可能な形式:
  • "Count"各ビンに入る値の数
    "CumulativeCount"累積数
    "SurvivalCount"残存数
    "Probability"各ビンに入る値の割合
    "PDF"確率密度関数
    "CDF"累積分布関数
    "SF"生存関数
    "HF"ハザード関数
    "CHF"累積ハザード関数
    {"Log",hspec}対数変換された高さの指定
    fhfh をビンと数に適用して得られた高さ
  • Histogram[data, bspec, fh]の関数 fh はビンのリストと対応する数のリストの2つの引数に適用される.この関数は各 に使用される高さのリストを返す.
  • ビンには実数値 のみを割り当てることができる.その他の値の場合は欠測値とみなされる.
  • Histogram[{data1, data2, ...}, ...]では,すべてのデータ集合 を組み合せることで自動的なビン位置が決定される.
  • Histogram[{..., wi[datai, ...], ...}, ...]は,記号的ラッパー によって定義された指定に従ってデータ集合 に関連したヒストグラム要素を描画する.
  • 使用可能な記号ラッパーはBarChartのそれと等しく,StyleLabeledLegended等が含まれる.
  • HistogramにはGraphicsと同じオプションに以下の追加・変更を加えたものが使える.
  • AspectRatio1/GoldenRatio全体的な縦横比
    AxesTrue軸を描くかどうか
    BarOriginBottomヒストグラムの棒の始点
    ChartBaseStyleAutomatic棒の全体的なスタイル
    ChartElementFunctionAutomatic棒の生のグラフィックスをどのように生成するか
    ChartElementsAutomatic各棒に使うグラフィックス
    ChartLabelsNoneデータ集合のカテゴリのラベル
    ChartLayoutAutomatic使用する全体的なレイアウト
    ChartStyleAutomatic棒のスタイル
    ChartLegendsNoneデータ要素とデータ集合の凡例
    ColorFunctionAutomatic棒の彩色方法
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数を正規化するかどうか
    LabelingFunctionAutomatic要素にどのようにラベルを付けるか
    LegendAppearanceAutomatic凡例の全体的な外観
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようとするパフォーマンスの局面
    ScalingFunctionsNone個々の座標をどのようにスケールするか
  • ChartLayoutの使用可能な設定値はである.
  • ChartElementFunctionに渡される引数は,データ集合のネストしたリストの各レベルからのビンの範囲, ビンの値 lists,メタデータである.
  • ChartElementFunctionの組込み設定のリストはで得ることができる.
  • ColorFunctionに渡される引数は各ビンの高さである.
  • ScalingFunctions->{sx, sy}では, 座標は 等を使ってスケールされる.
  • BarChart内のオプションその他の構造からのスタイルその他の指定は,事実上ChartStyleColorFunctionStyleその他のラッパー,ChartElementsおよびChartElementFunctionの順に適用される.後ろの指定が前方の指定を無効にする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

値のリストのヒストグラムを生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数のデータ集合:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

値のリストの確率ヒストグラムを生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

絵を使った棒:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

手続き的棒を使う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »