HitMissTransform

HitMissTransform[image, ker]
合成構造化要素 ker についての image の行き当たりばったりの変換を与える.

HitMissTransform[image, {ker1, ker2, ...}]
すべての合成構造化要素 のについての行き当たりばったりの変換の和集合を与える.

HitMissTransform[image, {ker1, ker2, ...}, t]
t より上の値を前面として扱う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • HitMissTransformはバイナリ画像,グレースケールの画像,その他の画像に使うことができる.
  • 合成構造化要素 ker は,要素を含む行列である.要素は前面を,要素は背景を表す.
  • HitMissTransformは奇数次元になるように構造化要素に自動的にゼロを加える.
  • HitMissTransformPaddingオプションを取る.デフォルト設定はPadding->1である.
  • HitMissTransformImage3Dオブジェクトに使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

背景画素よりも下の前景画素をすべて求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

下の右の角を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

4つの構造化要素を指定することですべての角を求める:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

より大きな円板を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »