IgnoreCase

IgnoreCase
文字列操作と検索関数等のオプションとして使われ,大文字と小文字を同等に取り扱うかどうかを指定する.

詳細詳細

  • デフォルト設定IgnoreCase->Falseでは,大文字と小文字が全く異なるものとして取り扱われる.
  • IgnoreCase->Trueの設定では,大文字と小文字を同等に取り扱われる.
  • IgnoreCaseは多くの文字列,ファイル,記号名の関数に与えるオプションである.
  • IgnoreCaseは,Mathematica の式の構文解析の際に影響を与えることは決してない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

IgnoreCase->Trueとすると,大文字と小文字は同じものとして扱われる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

IgnoreCase->Falseとすると,大文字と小文字は別のものとして扱われる::

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »