Image

Image[data]
配列 data で与えられる画素値を持つラスター画像を表す.

Image[graphics]
グラフィックスオブジェクトからラスター画像を作成する.

Image[obj, options]
指定オプションを使った画像を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Image[...]はノートブックに画像として表示される.
  • Image[data]data の連続する行をページの縦方向に,連続する列を横方向に並べる.
  • Image[data]では,data の各要素で任意数のチャンネルの値を指定することができる.
  • デフォルトで,data の要素は次のように表示される.
  • v0(黒)から 1(白)までのグレーレベル
    {r,g,b}0から1までの赤,緑,青の値
    {c1,c2,c3,...}等間隔の色相で表されるチャンネル値
  • Image[data]はデフォルトで任意サイズの値を扱うが,表示するのは0から1までの値である.
  • Image[data, "type"]は次のタイプの値を扱う.
  • "Bit"0か1の整数
    "Byte"0から255までの整数
    "Bit16"0から65535までの整数
    "Real32"単精度実数(32ビット)
    "Real"倍精度実数(64ビット)
  • Image[data]Image[data, "Real"]に等しい.
  • Image[data, "type"]は丸めや切取りを使って強制的に data 中の値が指定タイプになるようにする.
  • Image[image, "type"]はタイプ間の変換に使用できる.
  • Imageの取り得るオプション:
  • ColorSpaceAutomaticデータにどの色空間を仮定するか
    ImageResolutionAutomaticエキスポートに使用する解像度
    ImageSizeAutomatic画像のデフォルトの表示サイズ
    InterleavingAutomaticチャンネルがインターリーブされていると仮定するかどうか
    MagnificationAutomatic表示画像をどのように拡大するか
    TaggingRules{}画像と関連付けられたタグ定義規則
  • ColorSpace->"space" はデータ中の値が特定の色空間の座標であると解釈するように指定する.ColorSpace->Automaticは値が任意のチャンネル強度であるとして扱う.
  • ビット画像では常にColorSpaceAutomaticになっている.
  • ColorSpace->"RGB"の設定では,で与えられるデータは不透明度の値 a を含むものと解釈される.
  • デフォルト設定のInterleaving->Trueでは,Image[data, ...]は,data がチャンネル値のリストの2D配列であると解釈される.
  • Interleaving->Falseとすると,Image[data, ...]data が各チャンネルについて,値の2D配列のリストであると解釈する.
  • ImageSizeを明示的に設定すると,画像を表示する絶対サイズが決められる.
  • ImageSize->Automaticとすると,表示する画像のサイズはMagnificationの設定で決まるようになる.
  • Magnification->m の設定では,Image[...]中の各画素が m×m ブロックの画素で表示されるように指定する.
  • Magnification->Automaticとすると,一般に,小さな画像はより高い拡大率で,大きな画像はノートブックや他の表示エリアに収まるように縮小されて表示されるようになる.
  • Image[graphics]は事実上Rasterize[graphics, "Image"]を使って graphics をラスタライズする.
  • Image[Raster[...]]Rasterオブジェクトを画像に変換する.
  • Image[Image[...], opts]は事実上画像のオプションをリセットする.
  • ImageDimensionsImageChannelsImageTypeで画像の構造に関する情報が求められる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (6)例 (6)

3×3配列から画像オブジェクトを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

0から1までの乱数から実数値の画像を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3つの色チャンネルの画像:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

0から255までのランダムなバイトから作られた画像:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

セルオートマトンデータからのバイナリ画像:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルから画像をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

画像のタイプを変更する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »