ImageAdd

ImageAdd[image, x]
image 中の各チャンネルに x を加える.

ImageAdd[image1, image2]
各画素が 中の対応する画素の和である画像を返す.

詳細詳細

  • ImageAdd[image, ...]によって返される画像は image と同じ次元である.
  • 画像の大きさが異なる場合,ImageAdd[image1, image2]の中央に加える.
  • あるいは が単一チャンネルの画像の場合,その値はImageAdd[image1, image2]中のもう一方の画像の各チャンネル内の値に追加される.
  • および が両方とも多チャンネルの画像の場合,各チャンネルの値は別々に加えられる.
  • ImageAdd[image, x]では,x の数は一般に0から1の間になる.
  • ImageAdd[image, x]では,x は数,色,あるいは色チャンネルの値のリストでよい.
  • ImageAdd[image, x]image と同じデータタイプに基づき,必要に応じて切り詰めた画像を与える.
  • ImageAdd[image1, image2]あるいは の大きい方のタイプで,必要に応じて値を切り詰めた画像を与える.
  • バイナリ画像の場合,ImageAddは事実上画素値の論理和を求める.
  • ImageAddImage3Dオブジェクトに使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

閾値のバージョンを加えることで,画像をマスクする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

すべてのチャンネルに一定量を加えてカラー画像を明るくする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2つのカラー画像を加える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2つのバイナリ画像の論理和:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »