ImageAdjust

ImageAdjust[image]
からの範囲をカバーするように image 内のレベルを調節する.

ImageAdjust[image, c]
image のコントラストを c 量調節する.

ImageAdjust[image, {c, b}]
コントラストを c 量,明るさを b 量調節する.

ImageAdjust[image, {c, b, }]
のベキまで値を上げることでガンマ補正も行う.

ImageAdjust[image, corr, {inmin, inmax}]
入力値の から までが からまでにマップされるように,まず再スケールを行う.

ImageAdjust[image, corr, {inmin, inmax}, {outmin, outmax}]
入力値の から までが から までになるように再スケールする.

詳細詳細

  • ImageAdjustは任意の数のチャンネルを含む画像に使うことができる.
  • 調節なしは,コントラスト調節,明るさの調節,ガンマ補正に相当する.
  • 再スケールされた値が から ,までの範囲の外側にあるとき,その値は切り取られる.
  • 画像中の異なるチャンネルを別々に扱うように指定するためにすべての訂正パラメータと範囲パラメータをリストとして与えることができる.
  • 範囲のパラメータをAutomaticにして画像中の最大値あるいは最小値を示すことができる.
  • カラー画像に適用された場合には,ImageAdjustは常にRGB画像を返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

画像のコントラストと明るさを増す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

明るさを増し,ガンマ補正を行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

入力範囲を調整する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »