ImageCorrespondingPoints

ImageCorrespondingPoints[image1, image2]
のマッチする特徴点集合を求め,それらの画素座標を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageCorrespondingPointsImageKeypointsを使って対応する候補の点を求める.
  • ImageCorrespondingPoints[image1, image2]の形式の式を返す.のマッチする点を表す画素座標のリストである.
  • デフォルトでImageCorrespondingPointsはマッチする点集合間に幾何学的関係を強制しない.
  • マッチする点の間の幾何学的関係はオプションの設定値で制限できる.デフォルト設定は"Transformation"->Noneである.使用可能な設定値:
  • "Translation"平行移動のみ
    "Rigid"平行移動と回転
    "Similarity"平行移動,回転,スケーリング
    "Affine"線形変換と平行移動
    "Perspective"一次分数変換
    "EpiPolar"エピポーラ変換,ある画像中の点を他の画像の線にマッピング
    None幾何学的制約なし
  • Masking->roi と設定すると,返される の点 がすべて関心領域内になるように点集合が制限される.
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »