ImageCrop

ImageCrop[image]
同一色の境界を取り除くことで image をトリミングする.

ImageCrop[image, size]
サイズ指定 size に従って をトリミングする.

ImageCrop[image, size, spec]
spec で指定された側から画素を取り除くことで image をトリミングする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageCrop[image]は,事実上,画素値の分布が概一様である image から境界を削除する.
  • ImageCrop[image, {w, h}]は,デフォルトで,image から画素を対称に取り除く.w または himage よりも大きい場合は,対称に画素を加える.
  • ImageCrop[image, size]における画像サイズの指定 size の取り得る形式:
  • width特定の幅:高さは縦横比に従う
    {width}最大幅
    {width,height}特定の幅と高さ
    {width,depth,height}特定の幅,深さ,高さを3Dで
  • 次元のいずれ化の指定は以下のいずれでもよい.
  • dd 画素
    {d}最大 d 画素
    {dmin,dmax}が疎範囲
    Automatic縦横比から値を決める
    Fullこの次元ではトリミングを行わない
  • ImageCrop[image, size, spec]におけるトリミング指定 spec の取り得る形式:
  • side指定された側で,それ以外の場合は中央で,トリミングする
    {side1,side2}指定された側でトリミングする
    {ax,ay}各側にトリミングする割合を割り当てる
  • 側はLeftRightBottomTopで指定できる.Centerは対称的なトリミングを意味する.
  • トリミングする割合はからまでである.水平の場合,Leftに,Rightに,Centerに等しい.垂直の場合,Bottomに,Topに等しい.
  • ImageCrop[image, size]ImageCrop[image, size, Center]に等しい.
  • 縦横比が r の画像はImageCrop[image, width{1, r}]で得ることができる.
  • ImageCrop[image, ...]で指定された最終画像が image のサイズよりも大きい場合, Paddingの設定に従って画素が追加される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (7)例 (7)

均一の境界を自動的にトリミングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

画像を100×100画素にトリミングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

幅100画素,高さ50画素にトリミングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

縦横比を保って左側をトリミングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

右側だけでトリミングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

左と下でトリミングする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

もとのサイズよりも大きいサイズが指定された場合には充填が行われる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »