ImageDeconvolve

ImageDeconvolve[image, ker]
カーネル ker を使い,image の逆たたみ込みを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 逆たたみ込みカーネルは数値行列あるいは画像として与えられる.これは,任意次元の image より大きくてはならない.
  • カーネルは画像に現れているぼけをモデル化すると考えられる点広がり関数を表す.
  • ImageDeconvolve[image, ker]は常に image と同じ次元で実数型の画像を返す.
  • ImageDeconvolveは画像の各チャンネルに別々に働く.
  • 逆たたみ込みカーネルのチャンネルは1つあるいは image の色チャンネル数と同数でなければならない.
  • ImageDeconvolveは使用する逆たたみ込み法を指定するMethodオプションを取る.デフォルト設定はMethod->"DampedLS"である.
  • スベクトル逆たたみ込み法を指定するための使用可能な設定:
  • "DampedLS"減衰最小二乗,一般化されたTikhonov正規化
    "Tikhonov"Tikhonov正規化法
    "TSVD"切断特異値分解
    "Wiener"Wiener逆たたみ込み
  • スペクトル逆たたみ込み法では,Method->{"method", p}で正規化パラメータ p を与えることができる.全要素の総和が1である非負の逆たたみ込みカーネルの場合,正規化パラメータは通常0から1の範囲にある.
  • Method->{"method", {p1, p2, ...}}と設定すると,それぞれの色チャンネルに別々の正規化パラメータを与えることができる.
  • Methodオプションの以下の設定値で反復逆たたみ込み法が指定できる.
  • "Hybrid"Tikhonov-Golub-Kahanの二重対角化による正規化
    "RichardsonLucy"Richardson-Lucyの反復逆たたみ込み
    "SteepestDescent"修正残差ノルム最急降下
  • 法と法は常に非負の画素値を返す.
  • 反復逆たたみ込み法は一般にスペクトル法よりよい結果を与えるが,計算が高価である.デフォルトで,予め条件付けされた反復法が使われる.前提条件はMethod->{"method", "Preconditioned"-> False}で無効にできるが,結果として収束が遅くなる.
  • 古典的なRichardson-Lucy逆たたみ込み法は前提条件を使わない.
  • ImageDeconvolveは事実上反復全変動正規化アルゴリズムを実装する反復的法もサポートする.
  • Method->{"TotalVariation", subopt}の設定で以下のサブプションが指定できる.
  • "NoiseModel""Gaussian"ノイズモデル
    "Regularization"Automatic正規化パラメータ
  • の可能な設定値はあるいはである.
  • 反復逆たたみ込み法を使う際の最大反復回数はMaxIterationsオプションで制御できる.デフォルト設定はMaxIterations->10である.
  • ImageDeconvolvePaddingオプションを取る.デフォルトの設定値はである.スベクトル逆たたみ込み法は充填方法に依存しない.
  • ImageDeconvolveImageConvolveにおけるPaddingのデフォルト設定は異なるので注意のこと.
  • ImageDeconvolveImage3Dオブジェクトに使うことができる.
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »