ImageDifference

ImageDifference[image1, image2]
各画素が の対応する画素の絶対差である画像を与える.

詳細詳細

  • 画像 は同じ次元でなければならない.
  • ImageDifferenceは任意の1チャンネルあるいは多チャンネル画像に使うことができる.
  • あるいは が1チャンネル画像である場合,絶対差はImageDifference[image1, image2]のもう一方の画像の各チャンネルから計算される.
  • が両方とも多チャンネル画像の場合,各チャンネルの値は別々に比べられる.
  • ImageDifference[image1, image2] あるいは の最大タイプの画像を返す.
  • バイナリ画像の場合,ImageDifferenceは事実上画素値の排他的論理和を求める.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

1つの画像の2つのバージョン間の差を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2つのバイナリ画像の排他的論理和を与える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »