ImageEffect

ImageEffect[image, "effect"]
指定された画像効果を image に適用する.

ImageEffect[image, {"effect", params}]
パラメータ params を使う.

詳細詳細

  • 使用可能な芸術的な画像効果:
  • {"Charcoal",x}木炭デッサンの効果
    {"Embossing",x,}角度 で量 x のエンボス
    {"OilPainting",x}芸術的な油絵の効果
    {"Posterization",n}各チャンネルで n レベル使ったポスタリゼーション効果
    {"Solarization",t}ソラリゼーション(サバティエ効果)
    {"MotionBlur",d,}サイズ d,角度 (ラジアン)で動きをぼかす
  • 擬似ランダムノイズ効果
  • {"Noise",a}振幅 a/2でゼロ平均の一様なノイズを加える
    {"GaussianNoise",}ゼロ平均で標準偏差 のガウスノイズを加える
    {"SaltPepperNoise",f}画像との割合 f でごま塩ノイズを加える
    {"PoissonNoise",a}a 量のポアソン(Poisson)ノイズを加える
  • 各場合につき,の代りに使い,パラメータのデフォルト値を使うことができる.
  • ImageEffect[]を使って使用可能なすべての画像効果のリストを得ることができる.
  • を使う場合は, ノイズの尺度 と定義され,各画素値 pPoissonDistribution[p×]/ で置換される.
  • ImageEffectは,1チャンネル画像に対してはグレースケール画像を返す.他の画像はすべてRGBに変換される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (9)例 (9)

木炭デッサン効果:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

カラー画像を油絵のスタイルで描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ポスタリゼーション効果を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グレースケール画像のポスタリゼーション:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

画像にごま塩ノイズを加える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

画像にポアソンノイズを加える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

カラー画像にデジタルソラリゼーション効果を適用する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

明示的な閾値を持ったソラリゼーション効果:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

デフォルトの角度45度を使って動きのぼかしを適用する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »