ImageFilter

ImageFilter[f, image, r]
関数 fimage の各チャンネル内の各画素の範囲 r の近傍に適用する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageFilter[f, image, r]は各画素の値を,その画素の周囲の値の×配列に関数 f を適用した結果で置換する.
  • ImageFilterは画像内の各チャンネルを別々に操作する.
  • ImageFilter[f, image, {rrow, rcol}]は垂直方向に範囲 を,水平方向に範囲 を使う.
  • ImageFilter[f, image, {{rtop, rbottom}, {rleft, rright}}]行上,行下,列左,列右に延長した近傍を取り出す.
  • f に渡されるチャンネル値は,Imageオブジェクトに使われるもとになったタイプに関係なく一般に0から1の範囲である.関数 f はチャンネル値を返すものと考えられる.このチャンネル値は,通常は0から1の範囲にある.
  • ImageFilterimage と同じタイプの画像を返す.
  • 使用可能なオプション:
  • Padding"Fixed"画像を超えた部分にどのような値を想定するか
    InterleavingFalsef にチャンネル値のリストを渡すかどうか
    MaskingAll関心領域
  • デフォルト設定のInterleaving->Falseでは,f が適用される配列の要素は画素についての個々のチャンネル値である.
  • Interleaving->Trueとすると,要素は特定の画素についてのすべてのチャンネル値のリストになる.
  • ImageFilter[f, image, ...]はデフォルトで image と同じ次元の画像を与える.
  • Padding->Noneと設定すると,通常ImageFilter[f, image, ...]image より小さい画像を与える.
  • ImageFilterImage3Dオブジェクトに使うことができる.
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »