ImageForestingComponents

ImageForestingComponents[image]
image の分割し,異なる成分に正の整数でラベルを付けた整数行列を返す.

ImageForestingComponents[image, marker]
marker で示された画素を含む成分に分割しようとする.

ImageForestingComponents[image, marker, r]
r で与えられた画素スケールで連結された成分を求める.

詳細詳細

  • ImageForestingComponents[image, marker]marker で指定された画素から始めて,グラフに基づいて image を分割する.
  • ImageForestingComponents[image, marker]では,marker は,画像,グラフィックスオブジェクト,あるいは x が0から画像幅まで,y が0から画像の高さまででが画像の左下コーナーに相当する標準的な画像座標系における点のリストとして与えることができる.
  • marker の非零要素は分割の重み付きシードとして扱われる.
  • ImageForestingComponentsは,各画素を前景成分に割り当てて,完全な分割を行う.
  • ImageForestingComponentsは,バイナリ画像,グレースケール画像,任意の多チャンネル画像に使うことができる.
  • ImageForestingComponents[image, marker, r]は各成分の画素が半径 r 内で接続されている分割を行う.半径のデフォルト設定値は2である.
  • ImageForestingComponents[image, marker, {r1, r2}]は垂直方向と水平方向に異なる半径を指定する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

カラー画像の分割:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2つのシードポイントを指定してバイナリ分割:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

矩形近傍を使ってテキストの行を分割する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »