ImageKeypoints

ImageKeypoints[image]
image の主な特徴を見付け出しその座標を返す.

ImageKeypoints[image, prop]
各特徴点について指定された特性 prop を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageKeypoints[image]は大きさimage 中の特徴点を見つけ出し,その画像座標を形式のリストとして返す.
  • 指定可能な特性:
  • "Position"範囲, 内の画像座標
    "PixelPosition"範囲内の画素座標
    "Scale"特徴点のスケール
    "Orientation"ラジアンで与えられた配向角
    "Strength"正の数で与えられたブロブ応答
    "ContrastSign"特徴点が周囲よりも薄い場合は,その他の場合は
    "Descriptor"長さ64の単位ベクトルとして与えられたSURF特徴点ディスクリプタ
    "OrientedDescriptor"方向性を持ったディスクリプタ
  • ImageKeypointsは結果を特徴点の 特性に基づいてソートする.
  • ImageKeypoints[image, {prop1, prop2, ...}]は複数の特性を返す.
  • ImageKeypointsが返す特徴のディスクリプタは平行移動,回転,スケール変更に対して数値的に強力である.
  • ImageKeypointsMaxFeaturesオプションを取る.デフォルト設定はMaxFeatures->Allである.MaxFeatures->n と設定すると最大のを持つ特徴点が最高で n 個返される.
  • ImageKeypointsオプションを取る. "KeypointStrength"->s を使うと,強さが s より大きい特徴点だけが返される.
  • ImageKeypointsはSURF特徴点検出メソッドを使う.
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »