ImageLevels

ImageLevels[image]
image の各チャンネルの画素値と画素数のリストを返す.

ImageLevels[image, n]
n 個の等間隔のレベルに画素値を入れる.

ImageLevels[image, n, {min, max}]
すべての値を min から max までの n ビンに入れる.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageLevelsは各チャンネルの結果のリストを与える.各チャンネルの結果は,特定の画素値のビンの最小値と数を与えるペアのリストである.
  • ImageLevels[image]ImageLevels[image, 256]に等しい.
  • バイナリ画像については,ImageLevels[image]は結果をの形式で与える.
  • ImageLevels[image, n]は,デフォルトで,最初のビンがで始まり最後のビンがで終るとみなす.より下あるいはより上のチャンネル値はそれぞれ最初および最後のビンに置かれる.
  • ImageLevels[image, n, {min, max}]は最初のビンが min から始まり最後のビンが max で終ると解釈する.
  • ImageLevels[image, n, All]は各チャンネルで値の全範囲に渡る n 個の等間隔のビンを与える.
  • ImageLevels[image, n, {min, max}]のとき,min または max のいずれかが単独にAllでもよい.
  • ImageLevels[image, "Byte"]は0から255の範囲にスケールされた image のレベルを与える.
  • ImageLevels[image, All]image に出現するすべての画素値の合計を返す.
  • ImageLevelsは,最初のビンより小さい値の画素を最初のビンに入れ,最後のビンより値が大きい画素を最後のビンに入れる."Clipping"->Falseのオプション設定では,ビンの範囲外の値を持つ画素は数えられない.
  • ImageLevelsImage3Dオブジェクトに使うことができる.
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »