ImagePad

ImagePad[image, m]
image の四方をそれぞれ m 個の背景画素で充填する.

ImagePad[image, m, padding]
image の四方を padding で指定された値あるいはメソッドを使って充填する.

ImagePad[image, {{left, right}, {bottom, top}}, ...]
image の四方を指定した数の画素で充填する.

ImagePad[image, {{left, right}, {front, back}, {bottom, top}}, ...]
3D画像を指定された数の画素で充填する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 使用可能な充填メソッド:
  • z強度値
    color色(GrayLevelRGBColor等)
    {c1,c2,...}チャンネル値のリスト
    Automatic境界に基づく自動選択
    "Fixed"各境界での画素の繰返し
    "Periodic"完全な画像の周期的繰返し
    "Reflected"境界における画像の鏡映
    "Reversed"完全な画像の反転
  • 充填の値は,各角に追加される長方形の画素が,もとの画像の角の画素の複写でなければならないことを示している.
  • は,画像内の最も外側の層の画素を最も内側の層の画素として,充填の際に繰り返されなければならないことを示している.は,これらの画素が繰り返されるべきではないと指定する.
  • ImagePad[image, ...]は一般に image と同じタイプの image を返す.バイナリ画像を任意の強度あるいは色の画素で充填すると,一般にタイプの画像が返される.
  • ImagePad[image, -m]は,image の各側から m 個の画素を除去する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

画像を2行の黄色の画素で充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

自動的により境界色を決めて,より多くの行で充填する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

境界で行と列を反射させることで充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

境界で行と列を繰り返して充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

行と列を周期的に繰り返して充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »