ImagePadding

ImagePadding
グラフィックス関数のオプションで,太線のような拡張オブジェクトや,目盛や軸ラベルのような注釈用に絶対的に余分な充填をどの程度残すかを指定する.

詳細詳細

  • ImagePaddingの設定値は印刷用ポイント数で与えられる.
  • ImagePaddingによって指定される充填は,ImageSizeで定義される範囲の内側で,PlotRangePlotRangePaddingで定義される範囲の外側に置かれる.
  • ImagePaddingが取り得る設定値には次のようなものがある.
  • None充填は行わない
    All存在するすべてのオブジェクトに十分な充填を行う
    mすべての辺に等しい充填を行う
    {{left,right},{bottom,top}}各辺に異なる充填を行う
  • PlotRangeClipping->Trueでは,太線のようなオブジェクトは,たとえ画像の充填が指定されていても,プロット領域の範囲で切り取られる.目盛や軸ラベルのような注釈は,この場合は切り取られない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

プロット範囲の外側には充填しない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

存在するすべてのオブジェクトに十分な充填を行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

同じ充填をすべての辺に印刷用ポイント数で指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各辺に異なる充填を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »