ImagePartition

ImagePartition[image, s]
画像を ss 画素の部分画像の配列に分割する.

ImagePartition[image, {w, h}]
画像を画素幅 w,画素の高さ h の部分画像の配列に分割する.

ImagePartition[image, {w, h}, {dw, dh}]
画素オフセット dwdh を使う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImagePartitionImageオブジェクトの配列を返す.
  • ImagePartitionはデフォルトで,オーバーラップしていない部分画像を取り出す.
  • ImagePartition[image, s]は.端にある不完全な部分画像は取り除いて,できる限り多くの ss の部分画像を生成する.
  • ImagePartition[image, {s}]は,端のところの不完全な部分画像を含む.
  • ImagePartition[image, {wspec, hspec}, ...]では,wspechspec に次の形式を使うことができる.
  • sサイズ s のみを許す
    {s}s までの任意のサイズを許す
    Scaled[a]サイズの a 倍を許す
    {Scaled[a]}任意のサイズの a 倍までを許す
    {smin,smax}から までの任意のサイズを許す
  • ImagePartitionはオプションPaddingをサポートする.
  • デフォルト設定のPadding->Noneは,と矛盾するサイズの部分画像を端のところで除去する.
  • Paddingのこの他のすべての標準設定もサポートされる.
  • ImagePartitionImage3Dオブジェクトにも使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

画像を16×16のブロックに分割する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

縁の画素をいくつか除去し,同じ大きさのブロックに分割する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

画像のすべての画素を指定サイズよりも小さいサイズのブロックに分割する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »