ImageRotate

ImageRotate[image]
image を反時計回りに90°回転させる.

ImageRotate[image, side]
画像の上部が指定された辺になるように image を回転させる.

ImageRotate[image, side1->side2]
になるように image を回転させる.

ImageRotate[image, ]
image ラジアン反時計回りに回転させる.

ImageRotate[image, side, size]
指定された大きさの画像を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 可能な辺の指定値:TopBottomLeftRight
  • ImageRotate[image, ...]image をその中心に沿って回転させる.
  • ImageRotateは回転した画像に対応する画素値のImageオブジェクトを与える.
  • ImageRotate[image, side]ImageRotate[image, Top->side]に等しい.
  • ImageRotateは画像の外側の画素に想定される色を指定するBackgroundオプションを取る.Background->Transparentでは,ImageRotateは完全に透過的な黒い画素で充填する.
  • デフォルトで,ImageRotateは自動的に最も適した再サンプリングの方法を選ぶ.明示的なアルゴリズムはResamplingオプションで設定できる.
  • ImageRotate[image, side, size]で可能な size 指定:
  • w出力画像の幅
    {w,h}出力画像の高さと幅
    Automatic回転されたすべての画像を囲む最小の長方形
    All任意の回転角で回転された画像を含むスペースがある最小の正方形
    Full入力画像の次元を使う

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

画像を反時計回りに90°回転させる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

画像を反時計回りに20°回転させる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

写真を右に回転させる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

先程の結果を左側が上になるように回転させる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

回転された画像全体が含まれるように結果を充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »