ImageSizeAction

ImageSizeAction
Paneおよび関連構文のオプションで,指定されたImageSizeの設定がコンテンツの大きさとマッチしない場合にどうしたらよいかを指定する.

詳細詳細

  • ImageSizeActionの一般的な設定値は以下の通りである.
  • "Clip"指定されたImageSizeで切り取る
    "ResizeToFit"コンテンツがImageSizeにぴったりフィットするようにサイズを調整する
    "Scrollable"必要な場合にはコンテンツがスクロールできるようにする
    "ShrinkToFit"必要な場合にはコンテンツを縮めてフィットするようにする
  • ImageSizeAction->"ShrinkToFit"とすると,コンテンツは縮小できるが拡大できなくなる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

ImageSizeActionのデフォルト値はである:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

を使ってデータすべてが枠に入るように縮める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

は枠に収まるようにデータを拡大したり縮小したりする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

は縮小するが拡大はしない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »