ImageSizeMultipliers

ImageSizeMultipliers
他の構造内のグラフィックスをどのくらい小さく描画するかを指定するオプションである.

詳細詳細

  • ImageSizeMultipliers->{u, v}は,グラフィックスがリスト状の構造内では通常サイズの倍,関数状の構造内の場合は倍になるように指定する.
  • ImageSizeMultipliersの一般的なデフォルト設定はである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

もともとのグラフィックスサイズ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

リスト中のグラフィックスが通常サイズの0.4倍になるように指定する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

関数中のグラフィックスが通常サイズの0.2倍になるように指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »