ImageTake

ImageTake[image, n]
image の最初の n 行からなる画像を返す.

ImageTake[image, -n]
image の最後の n 行からなる画像を返す.

ImageTake[image, {row1, row2}]
から行 までを返す.

ImageTake[image, {row1, row2}, {col1, col2}]
から まで,および から まで広げた画像を返す

ImageTake[image3D, {slice1, slice2}, {row1, row2}, {col1, col2}]
指定されたスライス,行,列からなる3D画像を与える.

詳細詳細

  • ImageTakeは1から始めて上から下へと画像の行に番号付けする.
  • ImageTakeは,標準的な文字列指定を使う.
  • Allすべての要素
    n要素 1 から n まで
    -n末尾の n 個の要素
    {n}要素 n のみ
    {m,n}要素 m から n まで( n を含む)
    {m,n,s}要素 m から n まで刻み幅 s
  • 存在する要素数が要求された数よりも少ない場合,ImageTakeは存在する要素のみを返す.
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »