ImageTransformation

ImageTransformation[image, function]
位置の画素それぞれが image 中の位置 に対応する画像を与える.

ImageTransformation[image, function, size]
指定サイズの画像を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • デフォルトで,画像の左下のコーナーが座標に相当する.PlotRangeDataRangeのオプションを指定すると他の座標系が指定できる.
  • ImageTransformationで使用可能なオプション:
  • DataRangeAutomaticもとの画像の座標範囲
    PlotRangeAutomatic結果の画像の座標範囲
    PaddingBlack充填法
    ResamplingAutomatic再サンプリングの方法
  • 入力画像の座標系の範囲はであると仮定される.ただし,a は縦横比である.DataRangeオプションの設定で他の座標系を指定することができる.
  • DataRangeでよく使われる設定値:
  • Automaticの範囲,ただし,a は縦横比
    {{left,right},{bottom,top}}明示的な座標範囲
    Full真の画素範囲
  • 結果画像の座標系はPlotRangeオプションで指定する.このオプションはDataRangeと同じ設定値を取る.
  • デフォルト設定のPlotRange->Automaticでは,PlotRangeDataRangeと等しいとみなされる.
  • PlotRange->Allは入力画像にある全画素の画像を含むプロット範囲を求めようとする.
  • ImageTransformation[image, function]では,結果画像の画素の次元は image の次元とPlotRangeDataRangeの比率に基づく.
  • 使用可能な size 指定については,ImageResizeの解説ページを参照のこと.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »