ImageTrim

ImageTrim[image, {pt1, pt2, ...}]
指定したすべての点を含む image の最小の部分画像を与える.

ImageTrim[image, {pt1, pt2, ...}, r]
結果の画像にサイズ r の余白を加える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 2Dでは,ImageTrimは,は,から画像の幅まで,から画像の高さまでの標準的な画像座標系のものであると仮定する.点は画像の左下コーナーに相当する.
  • 3Dでは,ImageTrimは, は,から width まで,から depth まで,zから height までの標準的な3Dの画像座標系のものであると仮定する.点は画像の前面左下コーナーに相当する.
  • 存在している画素が要求したものより少ない場合,ImageTrimは存在する要素のみを返す.
  • Paddingオプションを設定すると,もと画像の外側の画素も含むことができる. »
  • 整数の座標値 では,刈り込まれた画像に点に接するすべての画素が含まれる.座標は画素の中心にある.
  • ImageTrimは入力画像の画素範囲を指定するDataRangeオプションを取る.デフォルトの設定値はDataRange->Fullである.使用可能なすべての設定値はImageValueの解説ページを参照のこと.
  • ImageTrim[image, {{x1, y1}, ...}, {rx, ry}] は垂直方向と水平方向に異なる余白を指定する.
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »