ImageValue

ImageValue[image, {x, y}]
image の位置の画素値を与える.

ImageValue[image, {xmin;;xmax, ymin;;ymax}]
座標がからまでの範囲にある画素の値を与える.

ImageValue[image, {x, y}, "type"]
指定のタイプに変換された画素値を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ImageValuexから width まで,yから height までの標準的な画像座標系を仮定する.位置は画像の左下コーナーに相当する.
  • 画像の厳密な画素値の抽出に整数指標を使うためにPixelValueを使う,
  • ImageValue[image, {{x1, y1}, ...}]を使って複数の位置の画素値を得ることができる.
  • デフォルトで,ImageValue[image, {x, y}]は0から1までの値を返す.ImageValue[image, {x, y}, "type"]を使うとで指定された範囲の画素値が返される.Imageの解説ページには使用可能なすべてのデータタイプのリストがある.
  • ImageValue[image, {x, y}, Automatic]ImageValue[image, {x, y}, ImageType[image]]に等しい.
  • DataRangeの可能な設定値:
  • Automatic
    Full
    {{xmin,xmax},{ymin,ymax}}x y の指定された区間での値
  • 3Dでは,ImageValue[image, {x, y, z}]は,x から width まで,yから depth まで,zから height までの標準的な3D座標系を想定する.位置は左下手前のコーナーに相当する.
  • ImageValueは補間法を指定するResamplingオプションをサポートする.デフォルト設定はResampling->"Bilinear"である.
  • Resampling->"Nearest"とすると,位置が画素の境界上に当る場合は,を取り囲む画素の平均が返される. »
  • ImageValueは指定された位置が画像の外側の場合に使うPaddingオプションを取ることができる.
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »