IncidenceMatrix

IncidenceMatrix[g]
グラフ g の頂点 - 辺結合行列を与える.

詳細詳細

  • IncidenceMatrixSparseArrayオブジェクトを返す.これはNormalを使って通常の行列に変換することができる.
  • 無向グラフの場合,結合行列の項 は以下によって与えられる.
  • 0頂点 は辺 に結合されていない
    1頂点 に結合されている
    2頂点 に結合されており,自己ループにもなっている
  • 有向グラフの場合,結合行列の項 は以下によって与えられる.
  • 0頂点 は辺 に結合されていない
    1頂点 に結合されており, の先頭である
    -1頂点 に結合されており, の末尾である
    2頂点 に結合されており,自己ループにもなっている
  • 頂点 VertexList[g]で返されるものと同じ順序であり,辺 EdgeList[g]で返されるものと同じ順序であると仮定される.
  • グラフの結合行列は × の行列を返す.ただし, はそれぞれ重複を数えた頂点と辺の数である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

無向グラフの結合行列:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//MatrixForm=

有向グラフの結合行列:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//MatrixForm=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »