Inner

Inner[f, list1, list2, g]
Dotを一般化したもので,f が掛け算,が足し算の役割を担う.

詳細詳細

  • Inner[f, {{a, b}, {c, d}}, {x, y}, g]->{g[f[a, x], f[b, y]], g[f[c, x], f[d, y]]}
  • DotのようにInnerは,一次テンソルの最後の指標を二次テンソルの最初の指標で縮約する.Innerr 階のテンソルと s 階のテンソルに適用すると,階のテンソルが返される.
  • Inner[f, list1, list2]は,g の代りにPlusを使用する.
  • Inner[f, list1, list2, g, n]は,一次テンソルの n の指標を二次テンソルの最初の指標と縮約する.
  • の頭部は一致しなければならないが,Listである必要はない. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

「加算操作」 g を使って2つのリストの「f の内側」を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

行列とベクトルの一般化された内積を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

慣れ親しんだ操作を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »