Install

Install["name"]
MathLink と接続する外部プログラムを起動し,この中から関数を呼び出すために Mathematica の定義をインストールする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Installによって設定された Mathematica の定義は,通常,外部プログラムのソースコードを作成するのに使用された MathLink テンプレートファイルの中で指定される.
  • Install["prog"]は指定されたプログラムを開始し,MathLink を通じて接続する.
  • prog がディレクトリである場合,Install["prog"]は,prog/$SystemID/prog を実行しようとする.
  • Install["name`"]は,name.exeと呼ばれるファイルやディレクトリを$Pathにあるすべてのディレクトリにおいて検索する.
  • Install[link]は現在のLinkObjectを使い,このLinkObjectに対応するプログラムの中の関数を呼び出せるように設定する.
  • Installは,使用中の MathLink の接続を表すLinkObjectを返す.
  • LinkPatterns[link]は,指定されたリンクが設定されると定義されたパターンをリスト形式で返す.
  • Uninstall[link]を呼び出すことで,これらの定義を除去し,外部プログラムの実行を中止することができる.
  • Install[LinkConnect["port"]]は,指定されたポートにリンクされた外部プログラムをインストールする.これは,デバッガまたはリモートコンピュータシステムで起動された外部プログラムを呼び出すのに使用することもできる.
  • 同じ commandInstall["command"]を複数回呼び出すと,この定義が変更された大域変数の値に依存しない限り,先の呼出しで設定された定義が,後のものによって無効にされる.
  • Installは,その中にある関数が呼び出されるたびにCallPacketオブジェクトを外部プログラムに送り,ReturnPacketオブジェクトに結果が返されまで待つ,という定義を生成する.
  • このような外部プログラムは,プログラム起動中に,Mathematica に評価の要求をするためにEvaluatePacketオブジェクトを送ることができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

ディレクトリを設定する:

In[1]:=
Click for copyable input

外部の MathLink 互換プログラムをインストールする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

リンクされたシンボルの使用情報を見る:

新しい関数を使う:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

外部プログラムを終了する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

もとのディレクトリに設定し直す:

In[6]:=
Click for copyable input
バージョン 2 の新機能 | バージョン 3 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »