Interleaving

Interleaving
Imageおよび関連関数のオプションで,画像のようにオブジェクト内の異なるチャンネルに対応するデータがインターリーブされるべきかどうかを指定する.

詳細詳細

  • 一般的なデフォルト設定のInterleaving->Trueでは,オブジェクトはリストの配列で表される.各リストは各配列要素に対する各チャンネルの値を与える.
  • Interleaving->Falseとすると,オブジェクトは配列のリストで表される.各配列は特定のチャンネルのすべての値を与える.
  • シングルチャンネルの画像については,Interleavingは常にNoneに設定される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

画像の内部表現を変え,チャンネルを平面形式で保存する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

カラーチャンネルがインターリーブ形式で表現されているデータから画像を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

カラーチャンネルが平面形式で表現されているデータから画像を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »