InterpolatingFunction

InterpolatingFunction[domain, table]
補間によって値が見出される近似関数を表す.

詳細詳細

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

与えられた点を通るInterpolatingFunctionオブジェクトを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

標準的な出力形式では領域だけが示される:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

領域中の点で関数を評価する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

補間点を示しながら関数をその領域でプロットする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

微分方程式の解を近似するInterpolatingFunctionオブジェクトを得る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

関数と導関数をプロットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

解の不定積分を求める:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 2 の新機能 | バージョン 3 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »