InterpretationBox

InterpretationBox[boxes, expr]
低レベルのボックス構文で,ボックス として表示されるが,入力として使われるときは式 として扱われる.

詳細詳細

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

解釈が外観に基づかない書式構造を作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=

InterpretationBoxは第2引数中の式として解釈される:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

解釈ボックスをコピーしこれを入力として使っても,隠れた解釈が評価される:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

InterpretationBoxInterpretationオブジェクトの標準的な書式でも使われる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//FullForm=

InterpretationBoxの第1引数はその可視の書式を返す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

多くの組込み関数のTraditionalFormによる書式はInterpretationBoxを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

タイプセットした結果では, という文字がEllipticNomeQを表している:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//TraditionalForm=

InterpretationBoxによって,意味を失わずに入力としてこの形を使うことができる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »