Inverse

Inverse[m]
正方行列の逆行列を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Inverseは,記号および数値行列で機能する.
  • 近似された実数,または複素数を含む行列については,与えられた入力に対して最も高い精度で逆行列が作成される.条件が合わない行列には警告が与えられる.
  • Inverse[m, Modulus->n]は,を法とした逆行列を評価する.
  • Inverse[m, ZeroTest->test]は,行列の要素がゼロであるかどうかを判断するために を評価する.この際,デフォルト設定はZeroTestAutomaticである.
  • Methodオプションが使える.厳密行列および記号行列の設定値にがある.デフォルトの設定値はAutomaticで指定された行列によってこれらのメソッドを切り替える.
バージョン 1 の新機能 | バージョン 3 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »