InverseFourier

InverseFourier[list]
複素数のリストの離散逆フーリエ変換を求める.

InverseFourier[list, {p1, p2, ...}]
指定の位置の離散逆フーリエ変換を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 長さ のリスト に対する逆フーリエ変換 は,と定義される. »
  • 入力リストの1の位置に周波数ゼロの項が置かれなければならないことに注意.
  • 理工系の分野によっては他の定義が使われることもある.
  • 異なった定義の選択は,オプションFourierParametersを使用して指定できる.
  • FourierParameters->{a, b}の設定により,Fourierで計算される離散フーリエ変換はとなる.
  • よく使われるとして,(デフォルト),(データ解析),(信号処理)がある.
  • と設定すると,入力および出力リストをどちらも変化させることになる.
  • 離散フーリエ変換が一意的であるためには,Abs[b] と互いに素でなければならない.
  • このデータのリストの長さが2のベキである必要はない.
  • InverseFourier[list]の中の list は,任意の次元のデータの配列を表すためにネストさせることができる.
  • このデータの配列は矩形でなければならない.
  • InverseFourier[list, {p1, p2, ...}]Extract[InverseFourier[list, {p1, p2, ...}]と等価であるが,かかる時間と必要なメモリが少なくて済む可能性がある.
  • list にある要素が厳密な数である場合,InverseFourierNをその要素に適用することから始まる.
バージョン 1 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »