InverseFunctions

InverseFunctions
Solveやこれに関連した関数のオプションとして使われ,逆関数を使用するかどうかを指定する.

詳細詳細

  • InverseFunctionsの可能な設定:
  • True常に逆関数を使用
    Automatic逆関数を使用し, 警告メッセージを出力(デフォルト)
    False逆関数は使わない
  • 逆関数は,一般にすべてではないが,多項式よりさらに複雑な関数を含む方程式の解を得る方法を提供することもある.
  • Solve[x+E^x==a, x, InverseFunctions->True]は,ProductLogによる単一の解を与える.実際には,ProductLogの異なる分岐に対応する,無限の数の解があるが,Solveはその中から1つの解を見出す.
  • 逆関数で解く複数の連立方程式が存在する場合,Solveは,解が存在するにもかかわらず,これを見出すことに失敗するときがある.
  • 逆関数が存在する場合,Solveは,まずについて解き,次にInverseFunction[f]をこの結果に適用し,これを式 expr について等式をたてた上で,残る変数について求解の試行を続行する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

デフォルトでSolveは逆関数を使うが,警告メッセージを出力する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

NumericFunction属性がある記号については,記号による逆関数は使われない:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

InverseFunctions->Trueとすると,Solveは逆関数の警告メッセージを出力しない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

記号による逆関数がすべての記号について使われる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

InverseFunctions->Falseとすると,Solveは逆関数を用いない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

逆関数を使う必要がないので,Reduceに基づくメソッドが使われる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

代数方程式を解くためには逆関数の使用は必要ない:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »