InverseRadon

InverseRadon[image]
image の逆離散ラドン変換を与える.

InverseRadon[image, {w, h}]
結果の画像の幅 w と高さ h を指定する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • InverseRadonはフィルタ逆投射法を使ってラドン変換のおおよその逆変換を求める.
  • InverseRadonは画像の離散ラドン変換を表す画像に使われ,列が垂直軸に対してから /2 までの角を表し,行は出力の中心までのスケールされた距離を表すと仮定する.
  • InverseRadon[image]は辺が image の対角線と同じ長さの正方形の画像を返す.
  • InverseRadon[image, w]InverseRadon[image, {w, w}]に等しい.
  • デフォルトで,InverseRadon[image, ...]image の各列について1つの逆投影を計算する.InverseRadon[image, {w, h}, n]n 個の逆投影を使う.
  • InverseRadonは逆投影を計算する前に適用する周波数フィルタを指定するオプションを取る.フィルタの領域は0から1になるようにスケールされる.デフォルトでHannフィルタが使われる.
  • よく使われるフィルタ設定:
  • #&一定勾配でのランプフィルタ
    #Cos[#Pi]&余弦関数倍されたランプフィルタ
    (1+Cos[#Pi])/2&Hannフィルタ
    (.54+.46Cos[#Pi])&Hammingフィルタ
    Sqrt[1/(1+#^(2n))]&次数 n のButterworthフィルタ
    Noneフィルタなし
  • InverseRadon オプションを取る."CutoffFrequency"->f の設定では,f より大きい周波数値は0に設定される.デフォルトでカットオフは適用されない.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »