Joined

Joined
ListPlotおよび関連関数のオプションで,各データ集合中の点を線で結ぶか,別々の点としてプロットするかを指定する.

詳細詳細

  • Joined->Trueは,各データ集合を線としてプロットする.
  • Joined->Falseは,すべてのデータ集合を点としてプロットする.
  • Joined->{s1, s2, ...}は,各データ集合を結ぶかどうかを別々に指定する.データ集合数が より多いときは,が循環的に使われる.
  • Joined->Trueは,点ではなく線を描くように指定する.追加的なオプションのMesh->Fullでもとの点が示される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

点を結ぶように指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数のデータ集合に標準的なプロットと連結プロットの両方を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »