JoinedCurve

JoinedCurve[{segment1, segment2, ...}]
等順に続く線分からなる曲線である.

JoinedCurve[{component1, component2, ...}]
別々の成分曲線等のリストである.

詳細とオプション詳細とオプション

  • JoinedCurveは,Graphics(二次元グラフィックス)で使える.
  • JoinedCurve[segment]は,JoinedCurve[{segment}]に等しい.
  • に使える形式:
  • Line[{pt1,pt2,...}]直線
    BezierCurve[{pt1,pt2,...},...]ベジエ(Bézier)曲線
    BSplineCurve[{pt1,pt2,...},...]Bスプライン曲線
  • の最初の点は,の最後の点とされる.JoinedCurve[{pr1[{p1, ..., pi}], pr2[{q1, ..., qj}], ...}]は,JoinedCurve[{pr1[{p1, ..., pi}], pr2[{pi, q1, ..., qj}], ...}]に等しい.
  • 設定JoinedCurve[{component1, component2, ...}, CurveClosed->{close1, close2, ...}]は,個々の成分曲線が閉じられるべきであるかどうかを指定する.
  • JoinedCurve[{component1, ...}, CurveClosed->close]は,すべての成分曲線が閉じられるべきであることを示す.
  • 以下を使って座標を指定することができる:
  • {x,y}通常の座標
    Scaled[{x,y}]スケールした座標
    ImageScaled[{x,y}]画像をスケールした座標
    Offset[{dx,dy},{x,y}]絶対オフセット座標
  • 線分の個々の座標と座標のリストは,Dynamicオブジェクトでもよい.
  • 曲線の太さは,ThicknessあるいはAbsoluteThicknessを使っても,ThickThin等を使っても,指定することができる.
  • 曲線の破線は,DashingあるいはAbsoluteDashingを使っても,DashedDotted等を使っても,指定することができる.
  • 曲線の色付けと透過性は,CMYKColorGrayLevelHueOpacityRGBColorのいずれかを使って指定することができる.
  • 曲線線分の継ぎ目は,JoinFormを使って指定することができる.
  • 曲線のキャップは,CapFormを使って指定することができる.
  • Lineに対するVertexColorsおよびVertexNormalsのオプションは,JoinedCurveのコンストラクト内では効果がない.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »