KarhunenLoeveDecomposition

KarhunenLoeveDecomposition[{a1, a2, ...}]
数値配列と変換行列 m のKarhunen-Loeve変換を行い,結果をの形式で返す.

KarhunenLoeveDecomposition[{a1, a2, ...}, m]
の変換に行列 m の逆行列を使う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • KarhunenLoeveDecompositionは任意の数値整合配列のリストに使うことができる.
  • KarhunenLoeveDecompositionは任意の画像に使うこともできる.
  • mの内積はを与える.
  • の全分散は の全分散に等しい.
  • は分散の減少順に与えられる.
  • KarhunenLoeveDecompositionが返す変換行列 m の行は配列 から形成された共分散行列の固有ベクトルである.
  • KarhunenLoeveDecomposition[{a1, a2, ...}, m]は事実上逆Karhunen-Loeve変換を計算する.の長さが m のサイズよりも小さい場合,欠けている要素は0であるとみなされる.
  • "Centered"->Trueのオプション設定では,KarhunenLoeveDecomposition[{a1, a2, ...}]は平均が0になるようにデータ集合 をシフトさせる.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »