LCM

LCM[n1, n2, ...]
の最小公倍数(LCM)を返す.

詳細詳細

  • 記号操作・数値操作の両方に適した数学的整数関数である.
  • LCMは通常の整数にもガウス整数にも使える.
  • LCMは整数だけでなく,有理数および実数と複素数にも使える.
  • 有理数 について,LCM[r1, r2, ...] が整数となる最大の有理数 r を返す.
  • LCMは,自動的にリストに縫い込まれる.
  • LCMの属性はFlatOrderlessである.
バージョン 1 の新機能 | バージョン 4 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »