LQGRegulator

LQGRegulator[{ssm, sensors, finputs}, {w, v, h}, {q, r, p}]
ノイズの多い測定値 sensors とフィードバック入力 finputs を使ってStateSpaceModel ssm の最適フィードバック調整器を構築する.この過程,測定,共分散行列は wvh であり,状態,入力,重みつき状態入力行列は qrp である.

LQGRegulator[{ssm, sensors, finputs, einputs}, {...}, {...}]
einputs を外因的決定論的入力として指定する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 状態空間モデル ssmStateSpaceModel[{a, b, c, d}]として与えられる.ただし,abcd は連続時間系もしくは離散時間系における状態,入力,出力,伝送の各行列を表す.
  • 連続時間系
    離散時間系
  • ディスクリプタ状態空間モデル ssm は連続時間あるいは離散時間でStateSpaceModel[{a, b, c, d, e}]として与えられる.
  • 連続時間系
    離散時間系
  • 入力 は確率論的入力 ,フィードバック入力 ,外因的な決定論的入力 を含むことができる.
  • 引数 finputseinputs における の位置を指定する整数のリストである.
  • 出力 はノイズの多い測定値 およびその他の出力からなる.
  • 引数 sensors における の位置を指定する整数のリストである.
  • LQGRegulator[{ssm, sensors, finputs}, {...}, {...}]LQGRegulator[{ssm, sensors, finputs, None}, {...}]に等しい.
  • 指定がなければ,hp は零行列であるとみなされる.
  • 調整器のある連続時間系のブロック図:
  • 調整器のある離散時間系のブロック図:
  • 調整器のある系のブロック図:
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »