LayerSizeFunction

LayerSizeFunction
TreePlotのオプションで,各層で許容される相対的な高さを指定する関数を返す.

詳細詳細

  • LayerSizeFunction->f は,層 n と層 の座標の違いが に比例するようにする.
  • 底あるいは頂上の頂点が層1であるとされる.
  • デフォルト設定のDataRange->Automaticでは,LayerSizeFunctionは層と層の間の実際の座標の差を返すと考えられる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

第1レベルの高さが1,第2レベルの高さが2のツリーを描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

レイヤーのサイズがランダムな二分木をプロットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »