LessEqual

または
xy より小さいか等しいと判断されると,Trueを返す.


が広義の単調増加列である場合にTrueを返す.

詳細詳細

  • は,x Esc<=Esc y または と書いてもよい.
  • LessEqualは,引数が実数のときに,TrueまたはFalseを返す.
  • LessEqualは,引数が数でない場合,簡約化を行う.
  • 厳密な数に対して,LessEqualは数値的順序付けを行うため内部で数値近似を行う.このため,大域変数$MaxExtraPrecisionの設定に影響を受ける.
  • StandardFormにおいて,LessEqualの形で表示される.
  • x Esc</Esc y または x\[LessSlantEqual]y という形式で入力された は, の代りとして入力の際に使用することができる.
バージョン 1 の新機能 | バージョン 3 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »