LinearSolve

LinearSolve[m, b]
行列方程式 を解くを求める.

LinearSolve[m]
異なる に繰り返し適用できるLinearSolveFunction[...]を生成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • LinearSolveは,数値行列,記号行列,SparseArrayオブジェクトに使うことができる.
  • 引数 はベクトルか行列のどちらかである. »
  • 行列 は正方行列か長方行列のどちらかである. »
  • LinearSolve[m]LinearSolveFunction[...]は,同じ数値近似線形系を何度も解く効果的な方法を提供する.
  • LinearSolve[m, b]LinearSolve[m][b]と等価である.
  • 劣決定系において,LinearSolveは可能な解の1つを返す.Solveは一般解を返す. »
  • LinearSolve[m, b, Modulus->n]は,行列方程式を を法とするものとする. »
  • LinearSolve[m, b, ZeroTest->test]は,を評価することにより,行列要素がゼロであるかどうかを決定する.デフォルト設定はZeroTest->Automaticである.
  • Methodオプションを与えることもできる.厳密な行列と記号的な行列の可能な設定はである.近似数値行列の設定は等で,疎な配列の場合はである.デフォルト設定のAutomaticとすると指定する行列によってこれらの方法を切り換える.
バージョン 1 の新機能 | バージョン 5 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »